INS-NAVI HIT トップ > シニア世代4000万人が感謝!! THE 大人のライフプランニング ブルーオーシャン!?ねんきん探偵登場編
シニア世代4000万人が感謝!! THE 大人のライフプランニング ブルーオーシャン!? ねんきん探偵登場編
出演講師:武田 修(ねんきん探偵 代表)、青木 隆憲(社労士) / 解説:笠原 慎也
収録時間:ディスク1 約68分 + ディスク2 約54分 / 価格:29,800円(税込)
近い将来には国民の30%になるシニア世代マーケットで
  圧倒的な支持を得る 「ねんきん探偵」が
  ・コレという得意分野が無いので、自分にも「強み」が欲しい  
・見込リストからなかなか契約に繋がらない
紹介が貰えることがほとんどない
テレアポ・飛込みはもうウンザリ…
・とりあえず出会った人に片っ端から営業を試みている

そんなアナタへの特効薬
       
・期待に胸をふくらませて、いざ保険営業を始めたら何も教えて貰えない…
 そんなアナタに必要な答えは「注文の貰い方(PMC理論)」
 
・お客様が放置している、あの「ねんきん定期便」が最大の武器になる!
 
・大人には"大人のやり方"があった!それは、"想いの共有"。
 シニアの「ホットポイント」を知れば紹介の連鎖が生まれる。
 
・アナタの営業に信頼性はありますか? 年金のプロフェッショナル・社労士による
 知識の裏付けでアナタの営業は信頼度120%に!
 
・お客様をたしかにクロージングに導くばかりか、次の見込み客のアプローチにまで
 繋がるツールの使い方。キーワードは「顧客参加型」
 
ねんきん定期便をサッと解読し、
 さらにそこからシミュレーションする術をプロの社労士が伝授。
 お客様が老後に「いくら足りない」という強いインパクトを受ければ、
 こちらの提案をスンナリ受け入れて頂けるようになる!
 
・知識のプロ・社労士とはどうタッグを組める?
 社労士側のニーズを抑えてお互いの得意分野で補完しあえば
 アナタはさらにライバルと「差別化」される!


「継続的な契約」と「紹介の派生率アップ」という最大のテーマを一気に解決!

アナタは信じられますか?

近い将来、およそ4000万人つまり全人口の30%がシニア層となる日本。
ご存知のとおり日本は超少子高齢化。約10年後には4人に1人がシニアへと突入します。

そんな日本に生きる我々。この状況を憂うのは簡単です。
しかし逆の見方をすれば、この拡大傾向にあるシニア層は「超有望なメガマーケット」
といえないでしょうか。

そのシニア層で現在、圧倒的な支持を得る人物が東北仙台にいました。
その名も「ねんきん探偵」
彼は「大人のライフプランニング」という独自のコンセプトで、
このメガマーケットにおいて圧倒的な紹介連鎖を巻き起こしています。
そのカギを担うアイテムこそ、私たちの身近にある、あの「ねんきん定期便」なのです。

ねんきん定期便からシュミレーション

このねんきん定期便を使った「大人のライフプランニング」が、
シニアのお客様を堅実にクロージングに導くことを可能に! 

しかも驚くことに「大人のライフプランニング」の凄さは、
目の前のお客様だけではなく、まだ見ぬ新しい見込み客のアプローチにまで繋がるところ。
つまり、「継続的な契約」と、「紹介の派生率の上昇」という、
営業パーソンにとって最大のテーマを一気に解決
するのです!



売れる人と売れない人の差は、ターゲットのツボを抑えたサービスができるかどうか

とある保険コンサルタントによると、トップセールスと売れない人との間で
実は見込み客(保険のコンタクトが取れる人)の数自体にはそんなに差がない

という事実が判明しています。

では、何が異なるのか。

それは「顧客のセグメント」です。

売れない人は、とりあえず出会った人を見込み客リストに加えていき、数だけは増やせるが、
その顧客に"合った"情報提供をできません。
そのため、顧客の満足度は低く信頼関係も薄いため、紹介に繋がらないのです。

一方トップセールスの場合は、まず自分を知ります。
自分にはどんな強みがあるのか、どんな仕事をしたいのか。
そしてそこを明確にしたうえで、自分の助けを求める人達のところにアプローチをしていくのです。

自分の強みを知ることが高質サイクルを生み出す

ここ(自分の"あり方")がしっかりしていないと、
できもしないことを「できます」と約束してお客様の不評を買ったり、
不得意分野で勝負をして契約に至らないという悪のスパイラルに陥るのです。

ねんきん探偵の武田プランナーにとっては、
自分自身が55歳となりいわゆる「老い支度」が始まったときがターニングポイントでした。
「大人(シニア)というのは、若年層と求めるものが違う」、そこに彼は気付いたんです。
そこで生み出したのが、ねんきん定期便を使った「大人のライフプランニング」。

武田プランナーはこう語ります。
「一般家庭(30代、40代の若年層)のリスクは、子供の養育費や住宅ローンなどがまっさかりのため、
死亡や医療が占める割合が多いですね。
これ、60代以降のライフプランニングでも同じと思いますか?
この年代になると、もう万が一のところは、若干住宅ローンが残っていたとしても団信でチャラ、
高額な死亡保険金を遺さないといけないようなことはありませんので、死亡リスクはソコソコです。
それよりも生きていくというリスク「老後のリスク」が一気に支配します。
それから、自分の親の介護が始まるなかで、こりゃ明日は我が身だぞ!
ということで介護の関心がかなり高まっていくんですね。

こういう風にライフプランが一気に変わっていくなかで、気付きませんか?
一般家庭(30代、40代の若年層)のサービスを行う人や商品は世のなかにたくさんあります。
しかしシニア層に対してキッチリできているFPはどれだけいるでしょうか。


さあ、いかがでしょうか。

アナタはまだシュリンクし続けるマーケットで、見込み客争奪線を繰り広げますか?
  それとも、質の高い見込み客層=シニア層に的を絞り、
ダイレクトに刺さるアプローチで、堅実に売れる営業になりたいですか?

後者になりたいアナタは、「ねんきん探偵」を手にする価値アリです!


業界歴26年! 栄枯盛衰の保険業界の中で 常にトップを走り続ける"ねんきん探偵"こと武田修氏。
そんな武田氏が気付いた最後の巨大マーケット・それはシニア層(団塊世代)。
「大人のライフプランニング」という独自の新コンセプトでこの巨大マーケットを虜にする武田氏と、
それを知識面から支えるキーパーソン・社労士の青木隆憲氏。

このねんきん探偵アライアンスがアナタに伝授する2つのツールと考え方、必見です!



DISC1 〜ねんきん探偵セミナー編〜

・ねんきん探偵の背景に迫る
・解説その1 〜自己紹介を通じてお客様を惹き付ける"能力開示"とは?〜
・ねんきん探偵の"コンサルツール"其の一
・"PMCシート"の活用例
・老後と社会保障の関係性
・"PMCシート"の活用例
・解説その2 〜コンサルツールを活かす2つのポイント〜
・ねんきん探偵の"コンサルツール"其の二
・"ねんきん定期便データ"の中身

DISC2 〜ねんきん探偵解説編〜

・ 老後に対する意識調査
・老後の生活費
・平均寿命、必要資金

〜ねんきん定期便から老齢年金を読み解く〜
・年金制度の全体像
・ねんきん定期便 見本
・これまでの年金加入期間
・国民年金の保険料
・厚生年金の保険料
・老齢基礎年金(国民年金)
・老齢厚生年金(厚生年金)
・加入期間の調べ方

〜ねんきん定期便からシミュレーションする〜
・ねんきん定期便データと家族状況例
・ねんきん探偵からのメッセージ


 最強のコンサルツール・PMCシート


武田プランナーが編み出したのは"PMCシート"という最強のコンサルツール。
このシートは、お客様の現在の状況、そして、老後の生活を見据えた十数年後の状況を目に見える形へ落とし込む、言わば可視化の為の第一歩を踏み出すコンサルツールです。
お客様の家族構成を基に死亡、老後、医療、介護、ライフイベント、これらの5つのキーワードを基に何歳のどの時期に、どのようなリスクが生じてくるのかを可視化する事で、 お客様の目に見えない不安は、一気に現実的なものへ変わってきます。 さらに、時期によって生じる様々なリスクへの優先付けを明確にする事によって、事前の備えがいかに重要であるかが、お客様自身も自ずと見えてきます。

 確かな信頼へと導くキャッシュフロー


さらにねんきん探偵では、各家庭に送られてくる"ねんきん定期便"を基に算出したリアルキャッシュフロー表、 その名も"ねんきん定期便データ"を作り上げる事で、 実際の公的年金の給付額や、私的年金等を含めた受給金額をはじめヒアリングによって抽出した月々の生活費等の支出額をはじき出し、これらを1画面のツールで閲覧できる仕組みを完成させました。
このツールのメリットは、受給金額や支出額が一目でわかり、さらにPMCシートによって可視化した今後想定される具体的なリスク時期が反映されているという点です。 結果、このツールを見ただけで、どのような備えをすべきかといったリスク対策をお客様自身も一緒になって考えることができます。
このステップを取り入れさえすれば、お客様は"保険"という商品をどのような目的で加入すべかが、地に足着いた状態で考えられるようになってくるのです。 ねんきん探偵による"お客様へのあり方"と、この最強のコンサルツールを含めた"やり方"を取り入れるだけで お客様は"売り込まれる不安"ではなく、"この人になら安心して保険を提案してもらえる"という信頼感へと変わっていきます。




こんな喜びの声が届いてます!!

保険代理店プランナー M.Sさん
これはかなり貴重なノウハウです。ここ最近老後生活のニードが多くなってきたところなので、年金は強みにしたいとずっと思っていました。 それにしても、誰もが持っている年金定期便がこんなに有効なアプローチツールになるとは思っていませんでした! このDVDでは、年金定期便で具体的にどうやって面談を進めればいいかと、社労士の方の専門的な解説まで付いているのでかなり豪華です。 しかもツールも付いているので、明日からでも取り組めるのも魅力ですね!
保険代理店プランナー R.Oさん
「足りないお金の額を敢えて突き付けない」というのがなるほどなと思いました。 お客様も大人になれば大体こちらの意図を読んでくれる、いうところがシニアの方々とのラポールポイントなんだなと。 それにあのPMCヒアリングシートとか、ねんきん定期便から出す設計書で、お客様が自分の余生を疑似体験できるっていうのもわかりました! これは早く試したいですね。良い教材を本当にありがとう!

武田 修(たけだ おさむ)  プロフィール


●株式会社ねんきん探偵 代表取締役
 株式会社ホロスプランニング 仙台オフィス所属

●経歴
1987年 株式会社ソニープルデンシャル生命(現ソニー生命)入社
2000年 代理店として独立
2011年 株式会社ホロスプランニング 仙台オフィスに所属
2012年1月27日 株式会社ねんきん探偵 設立

老い支度総合支援サービス業というコンセプトの基、社会保険労務士である青木 隆憲氏と共に 2012年より「株式会社ねんきん探偵」を設立。 本社を埼玉に置き、武田氏の地元である仙台にもオフィスを構える。 少子高齢化が進む現在の世の中で、主に50代以降の層を中心としたお客様と絶大な信頼関係を築き上げている。 年金に特化した?大人のライフプランニング?で人気を博し、現在、日本中から注目されている人気FPの1人。 又、2011年から、地元仙台の地域情報誌"りらく"に毎月「ねんきん定期便 探偵リポート」を掲載しており、大反響を受けている。 最近では、WEBとの連携も図り、周知活動にも積極的に注力している。

武田修

青木 隆憲(あおき たかのり)  プロフィール


青木隆憲

●株式会社ねんきん探偵 専務取締役
 青木社会保険労務士事務所 所長
 労働保険事務組合 中小企業労働支援センター 理事長

●経歴
2000年 社会保険労務士事務所を開業
2012年1月27日 株式会社ねんきん探偵 設立

助成金、退職金制度、労務管理、賃金制度、年金等「社会保険労務士」として、社会保障に関する知識を最大限に活かし、 大手企業向けのセミナー活動を積極的に行っている。 その一方、2011年より武田修氏と共に、シニア層の方々をターゲットにした「株式会社ねんきん探偵」 を立ち上げ、同社専務取締役に就任。 社会保険労務士の立場として、公的年金制度を説明し将来の年金額について計算できるが、不足する部分について「どうしたらいいの?」についてまで、知識がないため提案できない。 しかし、一般の方々が最も必要としている「財務の改善策」について、提案可能である募集人の武田氏と強力なタッグを組み、 益々、高齢化が進む"これからの日本"を支える重要な役割を担っている。

笠原 慎也(かさはら しんや)  プロフィール


●HITナビゲーター

●経歴
1997年 ソニー生命株式会社入社
2000年 JAIFA長崎県協会 会長(〜04年度)
2005年 株式会社ホロスプランニングへ独立移行
2010年 営業支援コンテンツ「HIT」プロデュース
2011年 株式会社エルティヴィー設立

ホロスプランニングは独立系ファイナンシャルプランナー200名以上で組織化、全国展開する保険代理店。所属するFPの過半数以上が MDRTといった異能派集団として名をはせる。 また事業コンセプトは"保険ビジネス成功支援"というスタンスであり、 業界に特化した契約管理システムやビジネスコンテンツ、教育事業を展開。  お客様のライフタイムバリューを最大化し、あらゆる"満足"の可能性を支援すべく、 株式会社エルティヴィーを立ち上げ、総合生活支援業「L-club」をスタート。 2017年11月、株式会社ホロスホールディングス顧問就任。

笠原慎也