中高年層が使えるAI銘柄選定ソフト「STOCK SIEVE(ストックシーヴ)」

STOCK SIEVEの特徴・メリットは、中高年でも簡単にAI投資ができるという点です。 とくに高齢者にとって難易度が高い「スイングトレード」を始める際に、STOCK SIEVEが一つのヒントになり得ます。 AIが注目銘柄を教えてくれるので、自分で業績判断やチャート分析を行う手間がある程度省略できます。

スイングトレード

退職者や年金生活者は、一般的にはスイングトレードが苦手だと言われます。 スイングトレードは、最先端の技術を駆使する投資家が有利だからです。 とりわけAIが普及してきた今日では、自動で「買い・売り」を判断し、実行するITに強い若者や機関投資家が勝ちやすい環境になっています。

リタイア組

しかし、本来であれば、スイングトレードはリタイア組の投資家には適しています。 その理由は退職者は、豊富な資金を持っているからです。 時間も自由に使えるため、相場にはりついていられます。生活費を投資で捻出する必要がないので、あせらずにコツコツ儲けられます。

一瞬だけ稼ぐのは簡単

実際のところ、スイングトレードで一瞬だけ稼ぐのは簡単です。板情報を見ながら数円の値幅を抜くだけです。 それなら、少額だけなら最初は稼げるでしょう。問題は、長期にわたって利益を出すのは難しい、ということです。

1回で全財産を失う

スイングトレードの挑戦している人の中で特に多いのは、1回で全財産を失うパターンです。「10回中9回はうまくいったのに、1回の失敗ですべてを台無しにしてしまう」というようなケースです。

長期的に負ける理由は、AIの力の差

中高年の投資家が、スイングトレードで長期的には負けてしまう理由の一つは、 AIの力を活用できていないからです。 AIは24時間365日稼働を続けており、なおかつ、過去のデータもサーバー内に蓄積されています。 これら全ての膨大なデータを活用して相場を判断するため、長期的には人間が太刀打ちできないのです。

人間をはるかに上回る情報力

AIが収集するデータの量は、人間をはるかに上回ります。 私たち中高年層がいくら奮闘しても、AIの情報力にはかないません。

STOCK SIEVEのAIが収集・分析するデータ

STOCK SIEVEの場合、以下の情報を収集・分析しているとされます。

  • ・業績予想と実情の乖離
  • ・割安感・割高感
  • ・TOB(株式公開買い付け)などМ&Aの可能性
  • ・市況と個別銘柄の株価の相関性
  • ・企業(個別銘柄)に対するネット上の評価・評判・口コミ
信頼性が比較的高い

データ収集・分析の差をふまえると、個人投資家がスイングトレードに臨む際には、「AI銘柄選定ソフト」を活用することが妥当でしょう。 STOCK SIEVEは、その際の候補の一つとなります。口コミや評判という観点からいえば、STOCK SIEVEは信頼性が比較的高いソフトだといえます。

■ 自分流のスタイルを築く

スイングトレードというと、1日中値動きを見ていなければならない、というイメージがあります。さらに、コンピューターを駆使して素早い売買をしなければならない、という印象です。AI銘柄選定ソフトがあれば、その必要性が薄まります。

続けているうちに失敗

スイングトレードは、大半の人が続けているうちに失敗します。「やはりスイングトレードはギャンブルだ」と苦々しく思うようになります。 多くの投資家は、板の気配値を見ながら「上がった」「下がった」に一喜一憂する傾向があります。 しかし、それではメンタル的にも勝ち続けるのは難しいと言われます。 「継続的に利益を積み上げていくスタイル」を築き上げることが大切です。 AI銘柄選定ソフトを利用することで、利益が安定しやすくなります。AIの推奨株をふまえて自分なりの投資判断の行うことで、最適な投資スタイルの構築が可能となります。

■ 「カリスマ投資家」対「AI」

スイングトレードの世界には、天才的なカリスマもいます。数百万円を短期間で数億円にしたような人です。そういう人たちは、著書を出していたり、Youtubeや雑誌で紹介されていmsづ。

しかし、普通の個人投資家が彼らの真似をして同じように儲けるのは、かなり難しいと言えます。なぜならカリスマトレーダーには、天賦の才能があるからです。

例えば以下のような能力があります。

  • ・急上昇する銘柄を直前で察知する嗅覚がズバ抜けている。
  • ・気配値の変化を見て目にも留まらぬ速さでキーボードを叩いて注文を出せる。

同じような素質を持っていればいいでしょう。しかし、現実はそうではありません。

天才でなくても

AIソフトがあれば、自分に天才的な嗅覚がなくても、銘柄選別や銘柄発掘のサジェストを受けることができます。 まるで自分がカリスマ投資家になったかのようなアドバンテージを得ることが可能となります。

プロと同じ土俵へ

長年、スイングトレードは才能に長けた一握りの人だけが勝つ世界だと思われていました。その他大勢の一般投資家は負けると言われていたのです。

しかし、一般投資家もAIを駆使できる時代になりました。STOCK SIEVEなどのAI銘柄選定ソフトがあれば、プロのトレーダーや機関投資家と同じ土俵で戦えるようになったのです。(株オンライン